SPECIFICATION

物件仕様

物件概要

敷地面積 45.15坪(149.26㎡)
延床面積 37.40坪(123.62㎡)
床面積 1階:19.53坪 / 2階:17.87坪
施工床面積 46.21坪
バルコニー:3.33坪、ポーチ:0.83坪、小屋裏収納:3.23坪、吹抜:1.42坪
建築面積 20.36坪(67.29㎡)
外皮平均熱貫流率UA値 0.79(概算値)、0.71(詳細計算による参考値)
長期優良住宅耐震等級3

外壁のベースは大壁工法「ベルアート」(エスケー化研)で明るく印象的なホワイトにしました。
軒天・ポーチ壁には杉、バルコニー手摺・東面化粧窓枠・西面および北面の横桟には桧を使用。軒天の杉のうち、1階は内装と同じ源平柾目、2階は赤味板目。バルコニー手摺と木製フェンスはデザインを合わせました。
サッシ・屋根・雨樋は黒とし、外壁の白との明度差を大きくしてコントラストをつけました。
屋根材にはガルバニウム鋼板を使用して軽く薄いイメージに。道路に面する北面は、玄関ホールのサークル窓、吹抜部分の3列の縦長窓、洋室(西)サッシ外側の横桟、木製フェンスをアクセントにして、ファサード面として整えました。
軒先は深めにして軒天を強調しています。

各室の特徴

玄関ホール3.4帖

600x300角平タイル

壁・天井杉源平柾目

玄関収納は家具工事で製作、天板はタモ一枚板となっています。ホール手洗い部分まで同じ材料を使用しています。
玄関収納上に間接照明を設置、壁面を照らします。
西面と年上面に杉原平正目を使用、製作建具は壁の羽目板と連続するイメージでデザインしました。
ホールに手洗いを設置、帰宅してすぐに手洗いができます。

リビング10.9帖

無垢桧

オガファーザー・エコカラット

天井杉赤柾目・化粧梁

天井には杉の羽目板と桧の化粧梁。材種の違いによる色の相違がアクセントに。
東面の一部にダークグレーのエコカラットを採用、アクセント壁にしています。ダウンライトによる照明を当てることで影ができ、凹凸がはっきりとします。
南面にはW9尺H2400の大型掃出窓。北側の吹抜には縦長サッシを3列配置。階段材は桧集成材、一部をスリット階段としました。手摺はスチールで製作、黒塗装で仕上げております。

ダイニングキッチン15.1帖

無垢桧

オガファーザー

天井杉源平柾目

縦長の室形状にあわせて天井に長さ4mの杉の羽目板を使用。目地が少なく、より広く感じるように。南面・東面のサッシは天井高さにあわせたことで、窓の上の壁が無くなり開放的に。
西面は収納等を造作し、キッチン側には食器棚兼食品庫、ダイニング側にはデスクカウンターと本棚を配置。デスクカウンターはお子様のスタディスペースを想定しています。 ダイニング南側にはウッドデッキを設置して、キッチンを中心に、リビング・ダイニング・洗面脱衣室がつながる室配置にしました。

洗面脱衣室3.5帖

天井桧節無

洗面化粧台は家具工事で製作。天板はタモハギ材、水跳ねには塗装で対応しました。二人が並んで使うことを想定し、水栓・タオル掛けを各2セット取り付け、洗面ボウルは巾1m程度の広いものを採用し、鏡と化粧台の間の壁にインテリアタイル、鏡の上下に間接照明を設置。
キッチン側・リビング側の2方向からの動線を確保したことで、キッチンと直接つながり家事動線がスムーズに。天井には耐水性に優れた桧を使用。隣接するUBは1618サイズです。

1階トイレ1.6帖

エッグタイル

天井桧節無

トイレ手洗カウンターは栃一枚板。扉はメープル突板のフラッシュ戸。北面には脱臭効果もある「エッグタイル」(日本マテリアル)を貼り、アクセント壁としました。
触れる回数を少なくするために自動水栓を採用。トイレ内部を広く確保し、手洗カウンターを設置しても十分な広さです。
トイレ前の廊下部分はメーターモジュールとし、有効巾を広めに確保しました。

2階ホール

無垢赤松

オガファーザー

天井杉源平柾目

勾配天井とし、化粧梁を現にしました。梁成は180。この化粧梁は小屋部分の振れ止めの役割も担っています。
吹抜・階段部分と連続した空間になっており、勾配天井の効果とあわせて、床面積以上の広がりを感じられます。
吹抜に面してデスクカウンターを配置ました。天板はタモハギ材です。

洋室東6.0帖

無垢赤松

オガファーザー

出入口の建具を2枚片引戸としたことで、閉じれば個室、全開にすると2階ホールと連続して広く使用することができます。 一体利用を想定して、床・壁の仕上げは2階ホールと同じにしました。 内部建具は吊戸で、床にレールによる区切りがないため、全開時により広く感じます。 クローゼット内部はヒノキパネル、折戸は可動式のルーバータイプです。折戸は参考商品を使用しています。

主寝室8.6帖

無垢杉源平柾目

薩摩中霧島壁

勾配天井が小屋裏収納につながっており、壁面の行き止まりが見えないことで広く感じられます。
床に杉、壁に薩摩中霧島壁を採用しており、LDKとは別の自然素材の組み合わせを体感できます。
南面に間接照明を設置して、天井面を照らしました。

WIC3.2帖

無垢杉源平柾目

枕棚・ハンガーパイプのほかに可動棚と有孔ベニヤを設置。服以外の小物の収納方法を提案します。
主寝室からだけでなく2階ホールからも出入りができるため、家族全員で共有するファミリークローゼットとしての利用が可能です。

洋室西6.4帖

無垢栗

広葉樹の栗を床材に使用。針葉樹のフローリングとの硬さや温かさの違いを体感して頂くために採用しました。
主寝室と同じく勾配天井が小屋裏収納につながっています。
コーナーに寄せた西面・北面の腰窓もこの部屋の特徴です。部屋の角で外部につながるので、部屋が広く開放的に感じます。
転落防止のための木製の横桟を窓の外に取り付けており、外部のアクセントにもなっています。

2階トイレ1.0帖

桧節有

天井に節のある桧を採用。節の有無の違いを体感できます。
紙巻器・タオルリング・埋込収納はKAWAJUN製。紙巻器・タオルリングは建物全体のアクセントカラーである黒を選択しました。

内装自然素材の特徴

桧フローリング

1階床

無塗装の巾140。色は黄みがかった白色(辺材)と淡い桃色(心材)で、飴色に経年変化します。
表面はやわらかめ。香りにはリラクゼーション効果があります。巾広なので、目地を踏むことが少なく、足触りがよく温かみを感じます。
桧は常緑針葉樹。古くから社寺仏閣建築に使われてきた素材です。耐久性に優れ水に強く、仕上がりがきれいで光沢が出るといった特長があります。
ドイツ製で天然原料が主成分のフロアー用ワックス「アウロNr.431」を塗布。ワックスによる自然なツヤが出ます。

赤松フローリング

2階ホール・洋室(東)床

無塗装の巾120。辺材と心材の色の違いは少なく、木目がはっきり見え、美しい素材です。
表面は杉や桧よりも硬いです。松にはヤニが含まれるので、人工的にヤニを抜く脱脂乾燥を行います。
赤松は常緑針葉樹。マツ属の木は世界中に100種近くありますが、日本では赤松と黒松が代表格です。樹皮の色が赤っぽいのが特徴です。
岩手県陸前高田市の奇跡の一本松は赤松と黒松の交雑種。ねじれる癖があるが、強度があるので、丸太梁として古民家に使われています。

杉源平柾目フローリング

主寝室床

基材は金山工場、加工は美濃加茂加工センター。無塗装の巾120。白色(辺材)と黄みがかった赤褐色(心材)の色の境界が明確なのが特徴。
源氏の白旗と平家の赤旗から源平と呼ばれます。表面はやわらかく、素足で歩くことを考慮して主寝室に採用しました。
杉は常緑針葉樹で、桧と共に日本の針葉樹の代表格。各地で植林が行われてきました。材はやわらかく、木目が真っすぐで加工しやすいです。
大木に生長するため、大きな材が取れるのも特徴です。

栗フローリング

洋室(西)床

基材は岩手県の提携メーカー、加工は美濃加茂加工センター。無塗装の巾90。色は茶系で耐久性があります。
タモやナラと似ていますが、栗のほうがはっきりした木目をしています。
表面が硬く傷がつきにくい特徴があるので、子供部屋として利用する想定の洋室(西)に採用しました。
栗は落葉広葉樹。水に強く、耐久性や保存性が非常に高い、虫に強い、粘りがあるといった特徴があります。

オガファーザーNEW(ドイツ製)

LDK・2階ホールのベース壁

ウッドチップと新聞再生紙でできた塗装下地用の紙クロス。透湿性に優れ、室内の結露やカビの発生を抑えることができるのが特徴です。
使用する塗料は、亜麻仁油・チョーク(石灰)を主成分としたオーガニック塗料「デュブロン」。漆喰調の仕上がりになります。
着色する顔料「ウラ」も天然素材。カラーバリエーションが豊富で、塗装の際の嫌な臭いがなく、エンドユーザーでも塗りやすいうえ、汚れた場合は上から重ね塗りもできます。

エコカラットプラス(LIXIL)

リビングのアクセント壁

多孔質セラミックスのタイル。直径1nm(1mmの100万分の1)の孔があり、湿気を吸収・放出して室内の湿度をコントロールします。調湿機能は珪藻土の約5~6倍。トイレ・生ごみ・たばこ・ペット等の臭いの原因となる成分を吸着し、脱臭もします。複数の臭い成分が混ざった複合臭にも効果があります。
シックハウスの原因となるホルムアルデヒドやトリエン等の有害物質を吸着し、低減する効果もあります。
水拭きによる手入れが可能。表面の超微細構造層により、湿気は通しますが、水や汚れはほぼ通しません。

エッグタイル(日本エムテクス)

1階トイレのアクセント壁

卵の殻を主な原料とするタイル。マヨネーズ工場で廃棄される卵殻を再利用。卵の殻にはひよこが呼吸するための「気孔」と呼ばれる小さな穴が、1個につき7000個以上空いており、吸放湿性に優れています。
タイル内部に空気層があり、熱伝導率は木材と同等で断熱性にも優れるので触れても冷たく感じにくく、室内の暖められた熱を逃がしにくくなっています。
脱臭機能があり、トイレの壁に使用すると効果的。色のバリエーションは「プレーン」と「うずら」があり、「うずら」を採用。表面にツヤがなく、丸みを帯びているので柔らかい仕上がりになります。

薩摩中霧島壁(高千穂)

主寝室のベース壁

自然素材100%の塗り壁。南九州の土「シラス」が原料です。室内の湿度に応じて吸湿・放湿して湿気を調整し、結露の発生やカビ・ダニの繁殖を抑制します。夏の体感温度を約2℃下げる効果もあります。
生活臭・アルコール臭等も吸収。シラス粒子に吸着した臭い成分は再放出されないので消臭スピードが早く、たばこ・ペット臭は約30分、加齢臭の原因物質は約60分で90%以下になります。
ホルムアルデヒドを吸着し、再放出しないのでシックハウス対策にもなります。新型コロナウイルスに類似したウイルスで不活化試験を実施した結果、10分でウイルス量を99.9%以上減少させました。

パーフェクトバリア(エンデバーハウス)

壁・天井断熱材

ポリエステル100%の断熱材。熱伝導率λ=0.045W/m・K。ペットボトルを再利用したエコ商品。
ペットボトルをリサイクルして新しいポリエステル繊維を作り出すエネルギーは、石油原料から作り出す場合の1/5しかエネルギーを使いません。
透湿性能が高く、湿気をスムーズに透過させる。外壁通気工法と併用することで、壁内結露を防ぐのに効果的で、
ポリエステル繊維がパンタグラフ構造をしているので、施工時の形状を半永久的に保持可能。
自己消火性があり、タバコの火をのせても燃え広がることがありまえせん。

ご来場予約

ご来場予約

お電話でのお問い合わせ 【受付時間】9:30 - 17:30

0568-67-5170